商品の呼び名 人工樹木とは

このところ次々呼び名が変わる造花業界

出始めの頃は「香港フラワー」「アートフラワー」「イミテーションフラワー」「アーティフィシャルフラワー」なんてのもありました。

グリーンは「人工樹木」「人工観葉植物」「フェイクグリーン」等々

時代と共に呼び名もオシャレになってくるし品質も良くなって、結構リアルな製品も多く出回り光触媒のような付加価値も付いたりして次は何が出てくるのか?

当社で使う花材メーカーさんはニーズとはあまり関係なく地道に良い花材を仕入れてくる会社さんが多く製品に一定の品質を求めたい当社としては大切なビジネスパートナー

空間をきれいに飾りたいお客様の思いや気持ちを商品に変えて提供したいと思っております。